梅仕事の時期が終盤になると、
どうも寂しくなり、あれもこれもとやり残した梅仕事をやり始めてしまいます…!

もう時期はほぼ終わっているのにどうしても作りたくなって買ってしまった青梅を使った甘露煮です。

青梅の甘露煮は手間はかかりますが、今しかない贅沢な味わいです。
さっぱりとした甘さで夏にぴったりなのです。

梅の実のなりくち取り、針で穴あけはふたりでやると早いですよ!

 

●青梅の甘露煮


(調理時間:30分)

■材料(作りやすい量)
青梅:500g
砂糖:400g

■作り方
【1】一緒に
青梅は2時間程度水に浸してアクを除き、竹串を使ってなり口を取り除く。

【2】一緒に
煮崩れを防ぐため、清潔な針で青梅全体にまんべんなく穴をあける。

【3】妻
鍋に梅を入れてかぶる程度の水を入れ、弱火にかける。梅が鍋底にあたらないように手で混ぜながら茹で、熱くて手が入れられないくらい(50℃程度)になったら水を捨てる。新しい水を入れて同様に茹で、これを2〜3回繰り返す。

 

【4】妻
梅をざるにあげて水気をきる。鍋に梅を戻し、水1リットル、砂糖の1/3量を入れて弱火にかけ、5分加熱する。アクが出れば取り除く。

【5】妻
清潔なガーゼを落し蓋にし、5分加熱。ガーゼの上から砂糖の1/3量を加えさらに5分加熱し、残りの砂糖を加えて5分加熱し、火を止め粗熱を取る。

【6】妻
ガラスやホーローの清潔な保存容器に梅を一粒ずつ並べてガーゼをのせる。

【7】妻
シロップを沸騰させてアクを取り除き、熱いうちに6の保存容器にガーゼを上からかける。粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する。

 

★ポイント
残ったシロップもほんのり梅風味でおいしいので、アイスにかけたり、料理の砂糖代わりに活用してみてくださいね。

—–

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙とその旦那による
「ふたりでつくる」レシピを紹介しているサイトです。

「ふたりでごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。
(ふたりごはん/夫婦ごはん/夫婦料理)

Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)
instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m