***
『ジッパー袋でかんたん 
       季節の保存食』
発売しました!


季節の手仕事を”ちょっとやってみたい”人に。
食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。
みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
とってもとっても盛りだくさんな内容です。

長い期間をかけて精一杯つくりました。
ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。

こちらから↓
『ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』

***

 
自家製イカの塩辛の作り方です。
手作りの塩辛は臭みもなくとてもおいしく食べられます。
 
そのまま日本酒のおつまみに、
キャベツ炒めに入れたり、じゃがいもと合わせても◎
 
イカのさばきかたも合わせて紹介します。

 

●自家製イカの塩辛

 
■材料(作りやすい量)
スルメイカ(刺身用) 1杯
塩 適量
酒 適量
 
◼︎作り方
【下準備】夫
〈スルメイカをさばいて、肝と胴を用意する〉
(※詳しいレシピ捌き方は動画も合わせてどうぞ。)
 
イカは胴からワタごと足を引き抜く。
 
 
ワタは根元で切り落とし、肝の上の部分(胃)も切り取る
肝の裏側にある墨袋をゆっくりと取り除く。
(※胴と肝以外は使わないので、炒め物やお味噌汁、お鍋などにしてどうぞ)

 
胴から軟骨を引き抜く。



えんぺら(三角のところ)と胴の間に指を入れ、皮を剥く。
 
残った皮は濡らしたキッチンペーパーなどで剥く。

 
 
【1】夫
〈胴と肝を塩漬けにする〉
胴は中を水洗いして包丁で開く。
胴、肝を水洗いしてキッチンペーパーなどでふく。


胴は下1cmを切り取る。
 
胴に酒をふり、両面塩をふる。
肝は酒をふり、塩をたっぷりとまぶす。
 
 
【2】夫
〈胴と肝の臭みを抜く〉
ボウルを下においたざるの上に胴、肝をおき、冷蔵庫に一日おく。
(※臭みが抜け、ざるの下に落ちます)
 
【3】夫
〈胴を切り、肝から中身をだす〉
一日おいた胴、肝はさっと洗い、水気を拭き取る。
 
胴は幅3等分に切り、細切りにする。

肝は半分に切り、スプーンで中をしごき出し、
スプーンでなめらかになるようつぶす。

 
 
【4】夫
〈熟成して、完成〉
胴と肝を合わせ混ぜる。清潔な容器に移して1日おく。

(※食べる時はアニサキスという寄生虫対策のため、
一度冷凍して解凍するとよいです)

 

★ポイント
食べる時は冷蔵庫で解凍してどうぞ。
毎日清潔な箸でかき混ぜ、冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。
 
イカのさばき方の詳しいレシピはこちら↓
 
 
 

—–

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙とその旦那による
「ふたりでつくる」レシピを紹介しているサイトです。

「ふたりでごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」
そんな想いから、このサイトを作りました。 よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。

(ふたりごはん/夫婦ごはん/夫婦料理)

YouTube(https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA)
Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)
instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

レシピブログのランキングに参加しています! お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m