***
『ジッパー袋でかんたん 
       季節の保存食』
発売開始されました!


季節の手仕事を”ちょっとやってみたい”人に。
食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。
みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
とってもとっても盛りだくさんな内容です。

長い期間をかけて精一杯つくりました。
ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。

こちらから↓
『ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』

***

 

ラムレーズンをつくるのに1週間かかる、バターもたっぷり使うことが多いレーズンサンド、
作るのにハードルが高いお菓子です。

今回、なるべく手軽につくれて、おいしいレーズンサンドを考えました。
クリームチーズを使ってバターも使わずに作ります。

簡単に作れて、一口サイズで食べやすいレーズンサンド、
試してみていただきたいおやつです。

今回奥さんレシピにしてます。
やっぱりクッキーは奥さん担当かなと、旦那さんはコーヒーを入れてくださいね!
我が家の夫はコーヒーが少し苦手なので、決して淹れないです…!(笑)

●ひとくちレーズンサンド

■材料(18個分)
〈クッキー〉

薄力粉 120g
クリームチーズ 30g
きび砂糖 大さじ3
ココナッツオイル(液体) 大さじ2 と1/2
豆乳(無調整) 小さじ4

〈チーズクリーム〉
クリームチーズ 75g
豆乳(無調整) 小さじ1
きび砂糖 小さじ2

〈ラムレーズン〉
レーズン 30g
ラム酒 大さじ1
きび砂糖 大さじ1と1/2


■作り方
【1】妻
〈ラムレーズンをつくる〉
小鍋に水大さじ2、きび砂糖を入れ火にかけ、
一煮立ちしたら火を止めてレーズン、ラム酒を加える。
耐熱容器に移してラップを押し付けるようにかけて、一晩おく。

【2】妻
クリームチーズ 、豆乳は常温に戻しておく。
オーブンは170度に予熱する。

【3】妻
〈クッキーをつくる〉
クリームチーズ、きび砂糖をボウルに入れ練り混ぜる。
ココナッツオイルを少しずつ加え混ぜ、なめらかになったら豆乳を少しずつ加え混ぜる。

【4】妻
薄力粉をふるい入れてゴムベラで底からすくうように混ぜ、かたまりができてきたら、手でひとまとめにする。

【5】妻
台にラップで挟むように生地をおいて、
麺棒で伸ばし、余分な部分を切り取り18cm四方の正方形にする。
3cm四方の正方形に切り分け、オーブンシートを敷いた天板にのせて15分程度焼く。
網にのせてしっかり冷ます。


【6】〈クリームをつくる〉
ラムレーズンのレーズンの水気を切ってキッチンペーパーで軽くふく。
チーズクリームの材料を絞り袋に入れててクッキーに少量絞り、レーズンとともに挟む。



★ポイント
・ココナッツオイルは菜種油、太白ごま油、サラダ油などでもOKです。
・切り取って残った生地は同じように焼いてクッキーとして食べられます。
・絞り袋がなければクリームをナイフで塗ってもOKです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙とその旦那による
「ふたりでつくる」レシピを紹介しているサイトです。

「ふたりでごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。
(ふたりごはん/夫婦ごはん/夫婦料理)

instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

Youtube(https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA)

Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m