***
制作期間1年以上!
『ジッパー袋でかんたん 
       季節の保存食』
好評発売中!



季節の手仕事を”ちょっとやってみたい”人に。
食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。
みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
とってもとっても盛りだくさんな内容です。

長い期間をかけて精一杯つくりました。
ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。

こちらから↓
『ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』

**

みそとミルクのコクと甘みがひろがる、
優しい甘さの”みそパン”の作り方です。

卵黄や牛乳を使うので、コクのある味わいに、
洋食にも、そして和食にもぴったりのパンに仕上がります。

おみそ汁に相性抜群なので、ぜひお試しください!

こねる作業はぜひご夫婦で途中で交代しながら。
(わが家は夫の方がこね上手です…!)

●みそパン

■材料(6個分)
強力粉 210g
三温糖 25g
牛乳 100g
みそ 25g
卵黄 2個分
バター(無塩)  30g
ドライイースト 3g

■作り方
【1】妻〈生地をつくる〉
耐熱容器に牛乳を入れ、ふんわりラップをかけて
電子レンジ600Wで30秒程度加熱する。
みそを溶き、卵黄を加え混ぜる。


【2】一緒に〈生地をこねる〉
ボウルに強力粉を入れ、真ん中にくぼみをつくり
三温糖、ドライイーストを加え、1をかけ、手で混ぜる。

粉っぽさがなくなったら台に出してこねる。
台にこすりつけるように広げ、生地が均一に混ぜるようにこねる。

(※こね方は動画も参考にしていただけたらと思います。)

【3】一緒に〈生地をこねる〉
生地が均一になったら、ひとまとめにする。
生地を持ち上げて台にたたきつける→まとめる→90度回転する→たたきつける
と繰り返す。15分ほどこねる。


(※こね方は動画も参考にしていただけたらと思います。)

【4】夫〈バターをなじませる〉
全体がなめらかになったら、バターを生地で包むように加え、
ちぎってこねてを繰り返す。

【5】妻〈一次発酵させる〉
バターがなじんだらボウルに生地を戻し、
ラップをかけて電子レンジの発酵機能35度で1時間ほど、
生地が2倍くらいになるまで発酵させる。

(※粉をつけた指を押し入れて戻ってこなければ発酵完了です。)

【6】一緒に〈丸めてベンチタイムをとる〉
生地をスケッパー等で6等分し、丸めなおして綴じ目を下にしておき、
かたくしぼったふきんをかけて15分ほど寝かせる。

【7】一緒に〈丸めて二次発酵させる〉
一度生地を台の上において軽くたたいてガスを抜き、丸め直す。
オーブンシートをしいた天板にとじめを下にしておき、
オーブンの発酵機能35度で30分ほど置いて2次発酵する。
オーブンを190度に予熱する。

【8】妻〈切り込みを入れて焼く〉
キッチンバサミで深さ1cm程度の切り込み(クープ)を入れ、
牛乳(適量/分量外)をはけでぬり、オーブンで10〜15分焼く。
(※焼いている途中で、前後を入れ替えると焼きムラが少なく仕上がります。)

★ポイント
・三温糖は上白糖など好みの砂糖で構いません。
・みそを加えると少し生地が発酵しづらいので、
一次発酵や様子をみながら時間調整してみてください。

***

最後までお読みいただきありがとうございます。

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙による
夫婦で一緒につくる「季節の手仕事、季節料理」のレシピ紹介サイトです。

「一緒にごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。

榎本美沙

instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)
Youtube(https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA)
Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m