秋の味覚、栗。

旬の味覚をなるべく手軽に楽しめるよう、
炊飯器で炊ける栗ごはんのレシピにしました。

栗の下処理は多少時間がかかりますが、
意外とシンプルなので、ぜひこの時期にお試しいただけたらと思います。

●なるべく気軽に!栗ごはん


(調理時間:50分)

■材料(2合分)
栗:500g
米:2合
昆布(5cm角):1枚
酒:大さじ1
塩:小さじ1と1/4

■作り方
【下準備】妻
栗をぬるま湯(35℃程度)に30分つけておく。
(ぬるま湯は、手を入れて少し温かいかなと感じる程度の温度です。)
米を浸水させておく。

【1】一緒に
栗のおしりを包丁で切り落とし、包丁をひっかけるようにして、鬼皮(外側の固い皮)を剥き、渋皮(薄い皮)を包丁で剥く。

【2】妻
炊飯器の内釜に米、酒を入れて2合の線まで水を入れ、
塩を加えてさっと混ぜる。栗、昆布を入れて炊飯する。炊き上がったら全体を混ぜる。

—–

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙とその旦那による
「ふたりでつくる」レシピを紹介しているサイトです。

「ふたりでごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。 よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。

(ふたりごはん/夫婦ごはん/夫婦料理)
Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)
instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。 よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m