***
制作期間1年以上!
『ジッパー袋でかんたん 
       季節の保存食』
好評発売中!



季節の手仕事を”ちょっとやってみたい”人に。
食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。
みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
とってもとっても盛りだくさんな内容です。

長い期間をかけて精一杯つくりました。
ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。

こちらから↓
『ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』

**

ヨーグルト入り、甘さ控えめの軽いクリームをたっぷり。
いちごのフルーツサンドの作り方です。
クリームが軽くていちごの酸味とよく合います。

きれいな断面にするポイントはいちごの並べ方と切り方!

●ヨーグルトクリームのフルーツサンド

■材料
食パン(8枚切り) 4枚
いちご 10個
生クリーム(乳脂肪45%程度のもの) 100ml
水切りヨーグルト(作り方は下のポイント参照) 50g
グラニュー糖 15g

■作り方
【1】妻
いちごはヘタをとる。

【2】夫
ボウルに生クリーム、グラニュー糖を入れ、氷水を入れたボウルをあてて冷やしながら、
ハンドミキサーでしっかりツノが立つまで泡立てる(九分立て)。
水切りヨーグルトを加え、さらに混ぜる。

【3】妻
食パンにクリームを塗り、そのうち2枚にいちごをのせる。
(※ふちまでしっかり塗るとはみ出てしまうので、少し余裕をもたせてぬります。)
(※対角線に切ることを意識して、いちごを対角線に並べます。)

【4】妻
いちごをのせた食パンをラップの上におき、クリームを塗った食パンをのせ、
ラップでしっかりと包む。冷蔵庫で1〜2時間しっかり冷やす。

【5】妻
ラップをはずし、熱湯をかけて水気を拭き取った包丁で耳を切り取り、
対角線にそって4等分にする。
(※包丁は切るたびに熱湯をかけて拭き取ることで、断面がきれいに仕上がります。)

★ポイント
・生クリームは乳脂肪高めのものを使うのが、クリームをだれさせないポイントです。
・余った生クリームはぜひ、フレッシュバターに!
瓶にいれて振るだけで出来立てバターが楽しめます。

詳しいレシピはこちら↓
●生クリームで、フレッシュバター

・水切りヨーグルトの作り方
ボウルの上にザルをのせ、キッチンペーパーなどを敷いて
ヨーグルトを入れラップをかけて、冷蔵庫で一晩水切りする。
(※商品によりますが、ヨーグルト100gを一晩水切りすると50g程度になります。)

***
最後までお読みいただきありがとうございます。

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙による
夫婦で一緒につくる「季節の手仕事、季節料理」のレシピ紹介サイトです。

「一緒にごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。

榎本美沙

instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)
Youtube(https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA)
Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)