1年以上かけてつくった、「季節の手仕事」の書籍が発売となりました!

この本やりましょう!と決まったのが、2018年の8月。
そのときは、「発売はオリンピックのときかぁ」なんて考えていました。


「季節の手仕事を、忙しいひとにも気軽に楽しんでもらいたい」
と作った本。

特別な道具もなし、食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。

定番のみそ作り、梅干し、梅シロップ、ピクルス、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
後半には、塩豚、塩レモンチキン、絶品味玉など普段使えるレシピもたくさん載せました。

おそらく、私の根幹になるような本です。

部屋いっぱいに広がる季節の香り、
家にいる時間が長い時だからこそ、
心が豊かな気持ちになる、季節の手仕事の力が
いつも以上に意味をもつと思っています。


ここからは作った側としての想いになってしまうのですが、

「本」という形になると、
1年以上も支えてくださった周りのスタッフの方々の顔が浮かんで、

ありがたい気持ちでいっぱいになります。




ただ、こんなときなので、本屋さんに行く方も少ないのではなかろうか。
イベントもできないので、どうしたものか、と正直悩みました。


手にとっていただけたら、「あ、これいいかも!」
と伝わるものが伝わりづらいのかもと。


制作期間がながいので、編集さん、ライターさん、カメラマンさん、
デザイナーさん、アシスタントさん、それぞれ周りのスタッフの方も大変だったはずなんです。


でも本当にみなさんが力をかけてくれて、
「これはいいものになりますね」ってしみじみ言ってくださり、

私が撮影の料理を作っているとき、もっとこうしようか、ああしようか、
と皆さんがそれぞれ試行錯誤してくれているのを目の当たりにして、
この人達がいるから夜中の試作だろうと早朝の作業だろうとがんばれる、
と思いました。

その、それぞれの想いがつまった本が、届くべき人に届かないのは、
いやなんです。

そういうことをお話ししたら、周りの方やSNSのフォロワーさんなどたくさんの方が、

この本に興味を持っていただき、手に取っていただきました。
本当に嬉しく思います。

まず、編集さんとご相談をして、
Amazonページに詳細の目次をのせていただきました。

YouTubeでレシピの紹介もはじめました。

もし、ご興味がある方、ご覧いただけたら幸いです。
シェア等もとてもうれしいです。

多くの人に届いて欲しい!
踏ん張りどころ、がんばります!

Amazonページはこちらです↓

ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』(家の光協会)

 

こちらも合わせて手に取っていただけたらうれしいです。
「忙しい人にも野菜を」と思って作った本です。

「野菜のべんり漬け」(主婦の友社/2019)