***
制作期間1年以上!
『ジッパー袋でかんたん 
       季節の保存食』
発売開始しました!


季節の手仕事を”ちょっとやってみたい”人に。
食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。
みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
とってもとっても盛りだくさんな内容です。

長い期間をかけて精一杯つくりました。
ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。

こちらから↓
『ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』

***

梅酒、おいしいけれどたくさん作ると余ってしまって、
何年も置いてあるということもよくありますよね。

ということで、今回は少量で仕込む「少量はちみつ梅酒」のご紹介です。

完熟梅とはちみつを使ってまろやかな梅酒に仕上がります。
残った梅は梅干しや梅ジャムなど他の梅仕事に活用すれば、
いろいろと楽しめますよ◎

瓶の容量は750ml〜1リットルほどがちょうどよいです。

●ちょこっと完熟梅酒

■材料
完熟梅 200g
はちみつ 100g
梅酒用日本酒アルコール20%以上のもの(焼酎、ホワイトリカーでも) 300ml

■作り方
【1】一緒に
梅はボウルに水をはって優しく洗う。
竹串で梅のなり口のヘタを取り除き、一つずつ丁寧に水気を拭き取る。

【2】妻
アルコール消毒等をした清潔な瓶に、梅、はちみつを入れ、
梅酒用日本酒をそそぎ入れる。

特に漬けはじめは、気がついた時に瓶をゆする。
(※ゆすることではちみつを溶かし、梅にアルコールを行き渡らせます。)

★ポイント
3ヶ月後から飲み始められ、半年後程度から飲み頃です。

1年たったら梅の実を取り出します。

★ほかの梅仕事のレシピはこちら↓
小梅のカリカリ漬け(カリカリ梅)

漬けておくだけ、スパイス梅シロップ

はちみつの優しい甘み、すっぱい梅ジャム

***
最後までお読みいただきありがとうございます。

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙による
夫婦で一緒につくる「季節の手仕事、季節料理」のレシピ紹介サイトです。

「一緒にごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。

榎本美沙

instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)
Youtube(https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA)
Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m