***
制作期間1年以上!
『ジッパー袋でかんたん 
       季節の保存食』
好評発売中!



季節の手仕事を”ちょっとやってみたい”人に。
食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。
みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
とってもとっても盛りだくさんな内容です。

長い期間をかけて精一杯つくりました。
ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。

こちらから↓
『ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』

**

バターしょうゆが香ばしい!焼きとうもろこしたっぷりの炊き込みごはんです。
旬のとうもろこしだからこそ、シャキシャキ甘いとうもろこしが楽しめます。

芯も一緒に炊き込むことで、香り豊かに仕上げます!

●バター醤油の焼きとうもろこしごはん

■材料(作りやすい量/2 合分)
米 2 合
とうもろこし(生) 1 本
酒 大さじ 2
昆布(5×5cm) 1 枚
塩麹 大さじ 1
バター 10g
しょうゆ 小さじ 1
こしょう 適量

■作り方
【1】妻
鍋に研いだ米、酒、水360ml を入れ、
昆布にキッチンばさみで切り込みを入れて上にのせ、30 分おく。

【2】夫
とうもろこしは長さを半分に切り、
まな板の上に立てて包丁で実を削ぐように切り取る。
(※とうもろこしの芯は捨てないでください。)

【3】夫
フライパンにバターを中火で熱し、とうもろこしを入れ炒める。
しょうゆを加えて焼き色をつけるようさらに炒める。

【4】妻
1 に塩麹を加えて軽く混ぜ、とうもろこしの芯をのせて
蓋をして中火にかける。
沸騰したら、弱火にして 10 分加熱する。

【5】妻
火を止めて、手早くとうもろこしの芯、昆布を取り除き、
3 のとうもろこしをのせてすぐに蓋をしめ、そのまま 10 分蒸らす。
(※手早く作業してすぐに蓋をして蒸らすことで、
ごはんがうまく炊き上がります。)

全体を混ぜ合わせて器に盛り付け、こしょうをかける。

★ポイント
・炊飯器で炊く場合は、【1】で米、酒を入れてから2合の線まで水を入れます。
あとは同様に炊飯してOKです。

 

***
最後までお読みいただきありがとうございます。

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙による
夫婦で一緒につくる「季節の手仕事、季節料理」のレシピ紹介サイトです。

「一緒にごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。

榎本美沙

instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)
Youtube(https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA)
Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)