—–

instagram、がんばっております!よろしければフォロー頂けますと嬉しいです! (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

—–

「バスク地方」に行ってきました!

バスク地方とはスペインとフランスの国境の地域のこと。

こちらではフランスバスク「バイヨンヌ」についてその2です!

バスク地方レポート【バイヨンヌその1】はこちらから!

 

●名物ショコラが楽しめる「Chocolat Pascal(ショコラ・パスカル)」

パスカル・ムスティラさんは、バイヨンヌでもNo.1と言われるショコラティエ。

人気のChocolat a l’ Eau(ホットチョコレート)は牛乳なしでとても濃厚、まさにチョコレートを食べている感じです。

「Chocolat Pascal」

32 Quai Galuperie, 64100, Bayonne, France

+33 5 59 52 96 49

https://www.facebook.com/ChocolatPascal

 

●老舗のチョコレート店「Chocolat Cazenave(ショコラ カズナーヴ)」

ショコラムソー(泡立てたホットチョコレート)が有名。

チョコレート感が抜群!甘くてほっとする飲み物でした。追加のホットチョコレートが添えられてあって2杯分くらいはあります。

夕飯直前で控えましたがトーストがつきます。
地元の方々はトーストと生クリームと一緒に食べていました。
結構甘かったのですが、お隣のテーブルの家族はお代わりしていてびっくり!(笑)

 

「Chocolat Cazenave」

CHOCOLAT CAZENAVE, 19, Rue Port Neuf, 64100 BAYONNE
05 59 59 03 16
https://www.chocolats-bayonne-cazenave.fr

 

●バイヨンヌのマルシェ「Bayonne les Halls」

こじんまりとした市場でしたが、さすがバイヨンヌハム類、サラミ類は充実!

 

パテや惣菜類も多く扱っていました。

チーズ屋さんのお兄さんは人懐っこく話しかけてくれました!

そこのお店に。まさか味噌!?と思ったらペーストでした。

ドライトマトやオリーブのペースト。パンに塗ったりして使うそうです。

ここのお店のスペシャリテはトリュフハム。トリュフの香りが濃く、そのままでもスクランブルエッグと食べてもおいしそう。

 

*「Le Bistrot Itsaski」

地元民で賑わうビストロ!

一皿の量は大きめですが、みんなシェアしない文化のようです。
大量の生ハムを一人一皿でした…!けれどさすが生ハムが有名な街、とってもおいしかったです。
添えられている唐辛子のピクルスがとても合います。

 

こちらはバスク名産小さなイカのソテー

やわらかくて絶品です。

「Le Bistrot Itsaski」

43 Quai Amiral Jaureguiberry, 64100, Bayonne, France
+33 5 59 46 13 96

http://www.lebistrotitsaski.com

 

●(番外編)バイヨンヌのワンちゃん

快く写真を撮らせてくれたおじさまと、
乗り気でないワンちゃん。

 

次はフランスバスク「サン・ジャン・ドゥ・リュズ」の情報です!

お楽しみに!

—–

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙とその旦那による
「ふたりでつくる」レシピを紹介しているサイトです。

「ふたりでごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。
(ふたりごはん/夫婦ごはん/夫婦料理)

Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)
instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m