秋に美味しい、鮭といくらをたっぷり使ったはらこ飯、
本来は鮭のあらのだしを使いますが、
今回は、鮭の切り身を使ってとても手軽な作り方をご紹介します。

●簡単はらこ飯

■材料(つくりやすい量)
米 2合
鮭 2切
(A)だし汁 300ml
(A)しょうゆ、酒、みりん 各大さじ1と1/2
塩 ひとつまみ
いくらのしょうゆ漬け、三つ葉(ざく切り) 各適量

■作り方
【下準備】
米を研いで30分浸水させ、ざるにあげて水を切る。

【1】妻
鮭に塩をふって5分おき、水気を拭き取る。

【2】夫
鍋に米、(A)を加え、軽く混ぜる。
鮭をのせ、蓋をして強めの中火にかける。
コトコトと音がして沸騰したら弱火にして10分加熱する。

【3】夫
火を止めてそのまま10分蒸らす。
鮭を取り出し、ご飯をほぐす。
鮭をほぐして骨を取り除きごはんに混ぜて、
いくらのしょうゆ漬け、三つ葉をのせる。

★ポイント
・好みですだち、海苔、わさびなどと一緒にどうぞ。


・炊飯器で炊く時は【2】でしょうゆ、酒、みりんを先に加え、
2合の目盛りまでだし汁を加えて炊くとよいです。

・だしは好みのものでOKですが、濃い目のだしで作るのがおすすめです。
今回はかつおと昆布の合わせだしを使っています。