セビーチェ、遠く離れたペルーの料理ですが、
日本の食材でも簡単に作れて、とても食べやすい、夏にぴったりの料理です。

個人的にもよく作る異国の料理。
お刺身と野菜、フレッシュな果汁を混ぜるだけ。
青唐辛子がアクセントです。

食材のアレンジもしやすくて、サラダのようにパクパクと食べられます。

●白身魚のセビーチェ

■材料
鯛(刺身用/柵) 100g
グレープフルーツ 1/2個
パプリカ(黄) 1/2個
紫玉ねぎ 1/4個
青唐辛子 1〜2本
ライム(レモンでも) 1個
(A)オリーブオイル 大さじ1
(A)にんにく(すりおろし) 少々
(A)塩 ひとつまみ
(A)こしょう少々
カイエンペッパー 適量

■作り方
【1】妻
紫玉ねぎは縦薄切り、パプリカは縦半分、横薄切り、青唐辛子は小口切りにする。
鯛は2cmの角切りにし、塩ひとつまみ(分量外)をふっておく。

【2】夫
グレープフルーツは薄皮をむいて、ほぐしておく。

【3】妻
ボウルに1を入れ、ライムの果汁を絞り入れ、(A)を加えて混ぜ合わせ、
10分ほどなじませる。
器に盛り、好みでカイエンペッパーをふる。