新じゃがのアンチョビグリル


春に出回る新じゃがいも、
皮が薄いので、皮ごと食べられて、みずみずしいのが特徴です。

今回は小さめの新じゃがを皮ごと使った、アンチョビグリルの作り方です。
焼くだけでとっても簡単、新じゃがの美味しさを味わえます。

●新じゃがのアンチョビグリル

■材料
新じゃがいも(小さいもの) 6個(約350g)
アンチョビ 3枚
ローズマリー、パルミジャーノ・レッジャーノ、オリーブオイル 適量

■作り方
【1】夫
オーブンを200度に予熱する。
じゃがいもは半分に切る。アンチョビは刻む。

【2】夫
オーブンの天板にオーブンシートを敷き、じゃがいもをのせる。
アンチョビをのせてオリーブオイルをまぶし、
パルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりと削り、
ローズマリーをのせてオーブンで20〜30分焼く。


【3】夫
じゃがいもに香ばしい焼き色がつき、竹串をさしてすっと入れば焼き上がり。


  • タグ 発酵レシピ レシピ動画 春レシピ じゃがいも アンチョビ 発酵食品 発酵料理家 新じゃが 料理研究家 新じゃがいも 発酵料理研究家 ふたりごはん 季節の手仕事 料理家 手仕事 レシピ youtube 発酵 料理動画 榎本美沙 榎本美沙の季節料理 チーズ