***
制作期間1年以上!
『ジッパー袋でかんたん 
       季節の保存食』
好評発売中!



季節の手仕事を”ちょっとやってみたい”人に。
食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。
みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。
とってもとっても盛りだくさんな内容です。

長い期間をかけて精一杯つくりました。
ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。

こちらから↓
『ジッパー袋でかんたん 季節の保存食』

**

春菊の香りと桜海老の香ばしさが広がる、
春菊と桜海老のかき揚げです。

衣をさくっと仕上げるコツは、3つ。
①衣の材料をしっかり冷やすこと
②具材に先に薄力粉をまぶすこと
③混ぜすぎないこと

ぜひお試しくださいね!

●春菊と桜海老のかき揚げ

■材料
春菊 1束(150g)
桜海老 20g
溶き卵 1個
薄力粉 大さじ6
揚げ油 適量

■作り方
【下準備】妻
薄力粉、溶き卵、水大さじ3を冷蔵庫でしっかり冷やしておく。

【1】妻
春菊は5cm長さに切る。茎は薄く斜めぎりにする。

【2】妻
ボウルに春菊、桜海老をいれて、薄力粉大さじ3をまぶし、
さっくりと混ぜ合わせる。
(※混ぜすぎ注意です。ある程度全体に粉が行き渡ったらOKです。)


【3】妻
溶き卵、冷やしておいた水大さじ3を混ぜ合わせて、2に加え、
残りの薄力粉も加えてさくりと混ぜる。
(※まだ粉が残っている状態でOKです。
混ぜすぎると小麦粉のグルテンでべちゃっとしやすくなります。)

【4】妻
180度に熱した揚げ油に、スプーンで落とし入れる。
上下を返しながら3〜4分揚げ、油を切る。
好みで粗塩でどうぞ。


★ポイント
・衣をさくっと仕上げるコツのおさらいです。
(混ぜる程度などは動画も合わせて参考にされてくださいね。)

①衣の材料をしっかり冷やすこと
②具材に先に粉をまぶすこと
③混ぜすぎないこと

・かき揚げの具材は好みでアレンジしてみてください。
にんじんや玉ねぎ、じゃこなどでもおいしいです。

***
最後までお読みいただきありがとうございます。

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙による
夫婦で一緒につくる「季節の手仕事、季節料理」のレシピ紹介サイトです。

「一緒にごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。

榎本美沙

instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)
Youtube(https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA)
Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m