発酵食品であるぬか漬けは栄養たっぷり!
同じように作っても人によって味が変わるのも楽しいです。
作り方も意外とシンプルなので、ぜひ挑戦してみてください。

そして、ぬかには、腸によい菌や栄養がたっぷり…!
なので漬け込みを1日程度にして食べる時はぜひぬかごと食べてみてくださいね。

今回は夫婦役割分担していません。
仕込みの時は混ぜる係と加えるもの準備係にわかれるとスムーズです。
また、ぬかを混ぜたり、捨て野菜を入れ替えたり、気がついた方がやってみて一緒に育ててみてください!

 

●意外とシンプル!ぬか床の作り方


(調理時間:30分)

■材料(作りやすい量)
ぬか:1kg
塩:130g
(A)昆布(半分に切っておく):10cm
(A)干し椎茸(スライス):ひとつかみ
(A)赤唐辛子:2本
(A)煮干し:6本
(A)かつお節:4g
捨て漬け野菜(にんじんや大根の皮など作り方参照):適量

■作り方
【下準備】ぬかは「生ぬか」「炒りぬか」があります。
生ぬかがおすすめで、お米やさんで置いてあることが多いので聞いてみるとよいです。


なければ炒りぬかでもOKです。スーパーにも置いてあることが多いです。

ぬか床はホーローなどの保存容器で保存するのが便利です。
今回は野田琺瑯の3.2リットルのホーローを使用しています。アルコールスプレー(焼酎で拭いても)などで除菌しておきます。

【1】鍋に水1リットル、塩を入れて混ぜながら火にかけ、塩が溶けたら粗熱を取る。

【2】大きなボウルにぬか、塩水を入れて全体に水分がなじむまでよく混ぜる

【3】2のボウルに(A)を入れてよく混ぜる。

【4】捨て漬け野菜はアクが少ない野菜であれば何でもOKです。
(にんじんや大根、カブの葉、白菜、キャベツなど)
捨て漬け野菜を漬け込み、表面をならして、淵をきれいに拭き取る。

 

【5】常温におき、できれば1日に2回混ぜ、3〜4日で漬け野菜を取り替える。
(漬け野菜を交換するときは絞って、絞り汁をぬかに混ぜます。)

【6】15日程度たったらぬか床が完成!ここからは冷蔵庫で保存します。
お好みの野菜を漬け込んでください。1日程度漬けてどうぞ。野菜を漬け込んだらぬかを混ぜるようにしましょう。

 

★ポイント
ぬか床は生き物による発酵食品です。様子を見ながら楽しんで育てて見てください。

—–

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙とその旦那による
「ふたりでつくる」レシピを紹介しているサイトです。

「ふたりでごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。
(ふたりごはん/夫婦ごはん/夫婦料理)

Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)
instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m