勝どきで毎月第2週末に開催されている「太陽のマルシェ」のレシピを作成させていただいています!

太陽のマルシェは今週末開催です!

 

今月のテーマは「ワールドマルシェ」!

世界各国の食材やフードが一度に楽しめますよ〜!

(私も楽しみです…!)

 

ということで、今回はポーランドの「ピエロギ」という水餃子風の料理を家庭でも作りやすいレシピにしてみましたよ〜!

 

今回使わせていただくのは、「旬果市場」さんのとうもろこし「きみひめ」です!

旬果市場さんのとうもろこし、本当に甘い…!

 

私は昨年初めていただいて甘くて、ジューシーで…びっくりしました。それ以来、旬果市場さんのとうもろこしの収穫を楽しみにしています!

 

おいしさの秘密のひとつは、「自分たちで苦労して育てた作物だからこそ、本当においしい状態で食べてほしい」という想いから生まれた「朝採り」にあります。

夜のうちに糖をためこむので、その糖度が詰まった状態で収穫し、朝のうちに出荷するというスタイルで、甘みがたっぷりのとうもろこしが届くのです。

.

今回はそんな旬果市場さんの「きみひめ」を1本たっぷり使っています。

ピエロギの具材とソース両方に使うことで、茹でたシャキシャキ食感のきみひめ、バターで炒めた香ばしいきみひめ、2種類を楽しめるようにしています!

 

ぜひこの機会に、きみひめをたっぷり味わっていただけたらと思います♪

■太陽のマルシェ

《開催日程》2018年6月9日(土)、10日(日)

《アクセス》都営地下鉄大江戸線『勝どき』駅下車 A4a出口、A4b出口すぐ

http://timealive.jp/

 

●旬果市場さんの「とうもろこし」たっぷり!お手軽ピエロギ風

■材料(3~4人分)

餃子の皮(大判) 18〜20枚

旬果市場さんのとうもろこし(きみひめ) 1本

じゃがいも(中) 2個(250g)

玉ねぎ 1/2個

ベーコン 2枚

クリームチーズ 100g

バター 10g

サワークリーム 適量

塩こしょう

 

■作り方

【1】玉ねぎはみじん切りに、ベーコンは刻む。

とうもろこしは外皮2〜3枚を残したまま電子レンジ600Wで3分加熱、粗熱が取れたら実を取る。(とうもろこしを半分に切り、縦において包丁を入れると実が取りやすいです)

【2】じゃがいもを電子レンジ600Wで5分程度、竹串がすっと刺さるくらいまで加熱する。

じゃがいもの皮を取り除いて、熱いうちにマッシャーで潰し、クリームチーズ、とうもろこし(半量)、塩ふたつまみ、こしょう少々を混ぜ込んでタネにする。

 

【3】フライパンにバターを熱し、玉ねぎ、ベーコン、とうもろこしを加え、しんなりとして焼き色がつき始めるまでよく炒め、塩ふたつまみ、こしょう少々をしてソースにする。

 

【4】餃子の皮にタネを包み、ふちに水をつけて半分に折るようにして包む。

鍋に湯をたっぷり沸かし、塩ひとつまみ程度加えて、4〜5分茹でる。

 

【5】【4】を器に盛り付けてソースをのせ、サワークリームを添える。

熱いうちにどうぞ。

 

—–

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ふたりごはん」は、料理家 榎本美沙とその旦那による
「ふたりでつくる」レシピを紹介しているサイトです。

「ふたりでごはんを作ることで、よりふたりらしい暮らしをつくっていけますように。」

そんな想いから、このサイトを作りました。
よろしければ応援していただけますととても嬉しいです。
(ふたりごはん/夫婦ごはん/夫婦料理)

Facebook(https://www.facebook.com/futarigohan/)
instagram (https://www.instagram.com/misa_enomoto/)

レシピブログのランキングに参加しています!
お手数ですが、応援が励みになります。
よろしければワンクリックをお願いしますm(_ _)m